読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢者ドライバーを支える仕組みづくり

自身も70歳を迎えた大西英男氏

指定自動車教習所協会連合会での意見交換に参加している。

 

高齢者運転の事故が多発していることから  

免許更新時の講習が義務付けられ、講習終了証明書がなければ 

免許の更新ができなくなっているが、予約希望者が多いため 

希望の教習所で講習が受けられなかったり予約自体受け付けてもらえないなど 

様々な問題は発生しているようだ。

 

私の母も次の更新では講習が必要になるため、返上を考えているようだが 

地方であるほど高齢者の足として自家用車は欠かせないことから

講習希望者は増加傾向にあると考えられる。

 

しかしながら、教習所自体は地方の方が数が少ないわけで…

 

高齢ドライバーの講習希望者数と講習可能な教習所の数は

釣り合いが取れない。

 

利用しやすいシステム作りへの取り組みが急務であると

大西英男さんも考えているようだ。

 

これから益々高齢化社会を迎える日本において、

高齢者の暮らしやすさ安全の確保におけるITの導入は

益々必要不可欠な議題となるであろう。